2009年12月25日

06: Brasil Mix

リアがまたライブに誘ってくれた。『Brasil Mix』という名前のライブだった。ブラジル音楽の案内役としての彼女に絶大なる信頼をよせはじめていた僕は、二つ返事でオーケーした。

ライブにはカリーナも来ていた。パレードの時に会ったタイッサもいた。その他にも、リアはいろいろと友達を連れてきていた。

地下のライブハウスの扉を開けると、洞窟のようなこじんまりした感じのいい空間が待っていた。暖かい暖色系の光が、雪の夜、ふと見つけた洞くつから漏れる光を連想させた。

開始は21時30分になっていた。しかし、時間になってもミュージシャンは一向に現れない。幸い僕は一人ではなく、リアたちと来ていたので、時間をもてあますことはなかった。よく考えてみると、時間になっても始まらないというのは普通ではないことかもしれない。しかし、リア達は特に不満を漏らすわけでもなく、むしろそれが当たり前のことかのように振る舞っていた。結局、ライブが始まったときには、もう22時30分近くなっていた。

音楽が始まった瞬間、僕はすばらしい夜になることを確信した。体が踊りだすのが分かる。それはまさに僕が頭で思い描いていたブラジル音楽だった。そして、まるで自分がこの音楽を昔からずっと探していたような気がした。

バンドの出すリズムが心地いい。寒い冬を忘れて、踊りに浸る。リアたちも踊っている。そして周りの客もみんな踊っている。みんな楽しみに来ているのが分かる。音楽に参加しているのが分かる。

「私、この曲大好き」

ある曲に差し掛かったときカリーナが言った。

綺麗なギターのイントロが流れて、舞台は青色の証明に包まれた。MCが曲について語りはじめる。

そして、ゆっくりとしたメロディーを歌い始めた。

「この曲、こうやって目を閉じてずっと聞いてられる。踊らないでむしろちゃんと耳を済ませて聞きたい。」

カリーナはうっとりとした表情で言った。

僕も曲に耳を済ませた。美しい曲だった。

メロディが中盤に差し掛かったとき、ふと気づいた。聞いたことがある。この曲。どこかで。タイトルもアーティストもぜんぜん思い出せなかったが、確かにメロディに聞き覚えがあった。

「ねえ、このメロディ、知ってる!」

興奮して僕はカリーナに言った。

「本当?どこで聞いたの?」

僕は答えられなかった。しかし、どこかで聞いたことがある。僕はそのメロディにすっかり魅せられた。

突然激しいドラムの音が鳴り響いた。音楽のテンポが上がる。サンバのリズムだ。ミュージシャンが同じ曲を、今度はサンババージョンで演奏し始めた。

僕らは夢中になって踊った。周りの観客もみんな踊っていた。誰もが体全体で音楽を楽しんでいた。

今までにないくらい楽しい夜だった。

そしてこの夜が、その後の僕の道を決定付けることになったのだった。

posted by aye(あい) at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136544222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。