2013年01月14日

How to create PayPal buttons with Joomla!

Creating PayPal buttons on your Joomla! website is easy. If you are familiar with PayPal button's specifications, you can of course do this on your own. If you are not , you can always use extensions like this one.

Fraseta Joomla PayPal extension

This is a Joomla! component that makes easy to create various PayPal buttons. You can do this by using form-based web interface and you don't have to write HTML code on your own. Currently, it supports "Buy Now", "Add to Cart", "View Cart", "Subscribe", and "Gift Certificate" features.

Installation

Installing the extension can be done from Extension Manager (Extensions -> Extension Manger) from Administrator panel. Don't forget to set the permissions correctly. If you have trouble with permissions, this page might help.

Using the component

Once you installed the component, you'll be able to select "PayPal Buttons" form the "Component" menu. On the component page, you can create new buttons, or manage existing ones. Setting parameters is relatively easy as you have tooltips to explain each element. When you finish entering information necessary, just hit "Finish" button. You can do this as soon as you specify the minimal information if you don't need advanced options.

Inserting buttons into your article.

You can insert buttons into articles directly from the article editor. Just open the article where you want to insert buttons and hit "PayPal Button" which appears at the bottom of the editing area. You'll see the list of the button you created. Click the one you want to use and you're set.

As soon as you save the article, your buttons will appear on your page.
posted by aye(あい) at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

おすすめメタトレーダー対応vpsレンタルサーバー

メタトレーダー4でエキスパートアドバイザーの自動売買するにはメタトレーダー4をずっと起動しっぱなしにしていなければなりません。これはPCを24時間つけっぱなしにしておくということです。しかし、専用のPC部屋があったり、自宅にサーバーを持っている人以外はなかなか24時間つけっぱなしというのは現実的ではないはずです。

この問題を解消するにはメタトレーダー対応のvpsレンタルサーバーを利用する方法があります。もちろん普通のVPSサーバーでも良いのですが、メタトレーダー対応とうたっているところのほうが、こちらの事情をわかってくれていることもあり、何かと安心です。

さて、このVPSサーバー選びですが、ぐぐってみると星の数ほどあるので結構大変です。自分も信頼出来るレンタルサーバーに出会うまで幾つか試してみました。初めは安いレンタルサーバーを選んだのですが、信頼性の面で問題があり、結局今使っているBlackBoxVPSに乗り換えました。

これまでに使ったメタトレーダー対応vpsレンタルサーバーをレビューしてみます。

ucvhost
はじめに使ったレンタルVPSサーバー。月11ドルと安かったのがきっかけ。しかし使い始めてしばらくすると、リモートディスクトップでログイン出来なり、繋がらくなった、サーバーが落ちたらしい。サポートにメールすると復旧するから待ってくれとのこと。その後復旧して再び使い始めたものの、またしばらくするとサーバーが落ちた。サポートに理由を問い詰めれても、「次からは絶対起きないから」との一点張り。メタトレーダーなどのクリティカルな利用には絶対に向かないと判断し使用中止した。

UltraHosting
次に利用したのがこのUltraHosting。しかしリモートディスクトップで接続すると、サーバーの場所のせいなのか回線が遅くて使うのが辛い。結局すぐに使わないことを決めてしまった。なので、サービスの信頼度などについては不明。

BlackBoxVPS
オンラインのレビューをいくつか見て良さ気だったのがこのBlackBoxVPS。ホームページには特にメタトレーダー4対応と強調してないものの、ぐぐってみるとメタトレーダー用途での使用のユーザーが多い。値段も月19.95ドルとリーズナブルだった。(ただし、ucvhostで懲りたせいであまり安さを追求しなくなった。)

実際に使ってみるとリモートディスクトップの快適さは若干ucvhostに劣るものの十分作業できるレベル。それよりもいきなり落ちたりせずちゃんと動いてくれるのが嬉しい。メタトレーダー4でチャートを十数個を常にを立ち上げて、しかも全てを一画面に表示しているがマシンスペック的にも問題はない。


というわけで、BlackBoxVPSはメタトレーダー4のレンタルVPSとしておすすめできます。

申し込み方法は、ホームページから上部グローバルナビの「Windows VPS Hosting」を選択。次に使いたいプラン(自分は一19.95ドルのを使っています。)の下の「Buy Now」を選択。あとは何月ごとに払うのかプランを選択して「Check Out」を押します。

その後は、住所やカード情報を入力して「Complete Order」をクリックすればオーダー完了です。

オーダーが住むと確認のメールが送られてきます。

ここで注意しなければならないのが、オーダーが完了してからサーバーの準備が整うまでに若干の時間がかかることです。(と言っても数時間から一営業日ほどですが。)

まずは「Your Windows VPS is in build queue」というタイトルのメールが送られてきます。これは、これからサーバーの準備をするという意味です。

その後サーバーの準備ができたら「New Hyper-V VPS Information」というメールが送られてきます。このメールが重要です。

メールに

Remote Desktop
==============
You could manage your VPS using Remote Desktop Connection.
Server IP: xxx.xx.xxx.xx
Username: ********
Password: ******** ( Password is case-sensitive )

とあります。このIPアドレス(xxx.xx.xxx.xxの部分)を利用してWiondowにリモートディスクトップ接続します。

リモートディスクトップ接続するには、スタートメニューの「アクセサリー」から「リモートディスクトップ接続」を選び、IPアドレスを入力します。あとは接続するだけです。

そうするとWindows Serverのログイン画面になるのでメールに書かれているUsernameとPasswordでログインします。

あとは普通に自分のパソコンと同じようにメタトレーダー4をインストールし、エキスパートアドバイザーをアサインしてトレードを開始するだけです。
posted by aye(あい) at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

How to use Spotify in Japan

It sucks that you can't use Spotify in Japan right?

Well, there's actually a way. Only thing you have to is to use a VPN service that has a server in Spotify supported countries.

Personally, I use StreamVia because it has servers in UK and I can watch BBC iPlayer too.

I've already written a bit of instruction here so take a look if you are interested: How to watch BBC iPlayer in Japan

Enjoy free music with Spotify! (Well here I am assuming that you are not a paying user :P)
posted by aye(あい) at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Spotify を日本で使う方法

Spotifyはオンライン(有料アカウントにすればオフライン)で好きな音楽がタダで聞き放題なサービスです。iTunesのコンテンツが無料になったイメージでしょうか。旧Napsterのストリーミング版とも言えるかもしれません。

このSpotifyですが、残念ながら日本ではまだリリースされていません。ソフトウェアはダウンロードできるのですが、アカウントが作れません。Spotifyのサイトがアクセス元のIPアドレスをみて、それが日本のものである場合はブロックしています。

なので、別の言い方をすれば日本から以外のIPアドレスでアクセスしさえすれば利用することが出来ます。

これにはVPNサービスを使用します。VPNを利用すると、一度海外のコンピューターのネットワークにつないでからサイトを見れるので、Spotifyは海外からのアクセスと判断すします。

この方は、前に書いた「BBC iPlayer を日本で見る方法」と同じ方法なので参考にしてください。

具体的にはStreamViaというサービスを利用します。
posted by aye(あい) at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

How to watch BBC iPlayer in Japan

I used to use Identity Cloaker to access to TV streamings in the UK and other countries, but it became somehow slower and unstable, so I decided to look for something better, which I eventually found.

That was VPN.

VPN stands for 'virtual private network'. Sounds complicated? No worries, you don't have to understand how it works to take advantage of it. It's like having your PC (network, actually) in the UK and you connect to it first then to the UK websites so that they think you are connecting form the UK.

There are millions of VPN services out there and you can easily spend a whole day looking for the best one. But unless you have an infinite amount of free time to kill, you can just sign up some random service and see how it goes, or you can try what I use which is StreamVia (At least it's tested!)

I've done a great deal of googling before I signed up, and I can say I am quite satisfied with StreamVia. (That's why I'm recommending it after all.) The subscription fee starts from £3.99/mo, which is fairy cheap comparing to other services.

It comes with an easy-to-use program you can use to connect to the servers so that you don't have to configure everything on your own. I find this software really helpful. The quality of the connection is quite good too. They've got several servers in UK and you can choose the one that works best for you.

If you want to give it a try, go to StreamVia」 and click 'Sign UP' below the 'VPN Single' section. Choose UK and order it. That's it! (You can pay by credit card or PayPal, which is my favourite.)

But how can you configure your VPN?

This is when the little program I mentioned earlier comes in handy. You can downloads the program for the OS (Windows XP, 7, Vista, MacOS, Linux etc.) you are using.

After installing the program, you have to set your username and password. If you use Windows, it's in the OpenVPN folder in your star menu. You can simply click 'StreamVia Set Password' and enter your e-mail in the first line and your password the second line.

You run the program from the same 'OpenVPN' menu by clicking 'OpenVPN GUI'. A new icon appears in the task tray. Right-click the icon, choose the server (UK(site2) Faster is recommended) and 'Connect'.



Now you are already connected to the VPN in UK. All you have to do is go to BCC website (or Channel4's 4oD or whatever) and enjoy the streaming :) Boom, now you can watch the content!

Easy right?
posted by aye(あい) at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。